» 未分類のブログ記事

保湿というと女性のお肌を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、髪の毛や頭皮にも保湿は必要です。育毛シャンプーの中には保湿効果が高いものもあるので、おすすめです。髪の毛の水分が不足していると、髪の表面のキューティクルが壊れ易くなります。すると、少し強めにブラッシングをしたり、手で触った時にひっかかったりといった些細なことで、髪の毛が切れたり、枝毛の原因となったりします。他には、髪の毛の水分不足からハリやコシがなくなると、髪の毛が細くなったりボリュームが少なくなったりします。また、頭皮の水分不足も、様々な弊害があります。水分不足によって頭皮の角質がこわばると、古い角質がはがれて新しい角質になるのを邪魔する恐れがあるようです。更に、角質がこわばることで毛根へ酸素が行き届かなくなり、毛根が栄養不足になることで細毛や切れ毛を招いてしまいます。このため、育毛シャンプーで髪の毛と頭皮を保湿することはとても重要だといえます。髪の毛や頭皮の保湿を高める育毛シャンプーは、ある程度の洗浄力を保ちつつも皮脂を取り過ぎないようになっています。中でもアミノ酸系の育毛シャンプーは、低刺激だとされています。更に、天然アミノ酸系の育毛シャンプーに植物由来の洗浄剤が使われていたり、天然の保湿成分が含まれているものを選べば安心です。髪の毛や頭皮の保湿に効果的である他、頭皮環境の改善やダメージを受けた髪の毛の回復も期待できそうです。

皮脂の分泌が過剰

| 未分類 |

皮脂の分泌が過剰な人は、頭皮の毛穴が詰まりやすいことが多く、頭皮の環境が悪化したり炎症を起こしたりしがちです。このようになると、フケやかゆみが発生したりなかなか解消できなかったりしがちで、育毛にもマイナスとなりかねません。このような場合、皮膚の炎症を抑える成分や殺菌効果がある成分が含まれた育毛シャンプーを選ぶと、フケやかゆみを防ぎやすくなり、育毛にもプラスになります。育毛シャンプーの成分に含まれているグリチルリチン酸2Kは漢方薬の甘草に含まれていて、炎症を抑える作用があることで知られています。フケやかゆみを防ぐほか、脱毛や皮脂の分泌を抑える効果もあるようです。育毛シャンプー以外にも、医薬品や化粧品、石鹸などにも配合され、甘味料としても使われています。グリチルリチン酸2Kが含まれた育毛シャンプーは、フケやかゆみ解消に大きな力となってくれそうです。また、育毛シャンプー以外に見直したいことは、シャンプーの回数です。フケやかゆみをどうにかしたいとシャンプーをし過ぎると、逆効果だといわれています。シャンプーをすれば皮脂がとれるため一見育毛に良さそうな気がしますが、皮脂をとり過ぎると頭皮の乾燥を招くので、かえって頭皮の環境を悪化させてしまいます。このため、シャンプーの回数は必要に応じて1日1、2回にすることが大切です。同時に、髪の毛や頭皮の乾燥を防ぎ、うるおいを与えてくれる育毛シャンプーを選ぶようにすると、更に良いといえます。

脂性肌の人の頭皮

| 未分類 |

抜け毛や薄毛など髪の毛について悩んでいる人の中には、頭皮がベタベタしていたり、皮脂が多い人も多いようです。脂性肌の人は頭皮の毛穴が皮脂で汚れたり、つまったりしがちとなります。そうすると、皮脂が毛穴を塞いで毛穴から酸素が行き渡らないため、育毛の妨げとなってしまいます。このような頭皮の状態で高価な育毛剤を使用しても、頭皮に育毛剤の成分が浸透せず、なかなか育毛効果が期待できない結果となります。そこで、まずは育毛シャンプーで皮脂の汚れを除去し、頭皮の状態を改善することが先決だといえます。皮脂が多い人が一般的なシャンプーを使用すると、皮脂自体は取れるようです。しかし、皮脂が取れ過ぎた結果、かえって頭皮から皮脂が過剰に分泌されるようになり、また頭皮がベタベタするという悪循環になりかねません。このため、皮脂の分泌を抑えられる、洗浄力が高すぎない、頭皮の乾燥も防ぐ、頭皮の環境を整えてくれる育毛シャンプーを選ぶと良いといえます。シリコン配合のシャンプーは、髪の毛につやを与えたり手触りを良くするため、コーティング効力が高くなっています。しかし、頭皮の毛穴を塞いだり、パサつきの原因になる場合もあるため、シリコン不使用の育毛シャンぷーを選べば安心です。また、石油系界面活性剤不使用の育毛シャンプーは、頭皮の皮脂を落としすぎず、低刺激だとされています。植物由来成分の洗浄剤を使用した育毛シャンプーも、頭皮の環境を傷める心配がないのでおすすめです。

頭皮の汚れ

| 未分類 |

育毛シャンプーには様々な効果があります。中でも効果が大きいのは、頭皮の皮脂の汚れをとるということです。皮脂によって毛穴が塞がれていると、髪の毛の成長ができにくく、切れ毛や抜け毛も多くなってしまいます。また、皮脂の汚れがいやなニオイの原因の1つにもなります。育毛シャンプーを使うと、髪の毛だけでなく頭皮の汚れを落とし、皮脂の汚れやつまりを取ることができます。また、皮脂が異常に分泌している場合は、きちんと洗浄しつつも頭皮にうるおいを与えることができるので、皮脂の分泌を抑え、頭皮の環境を整えていくことができます。また、育毛シャンプーには保湿効果が高いものもあります。頭皮がうるおっていると、頭皮の環境も良くなり、フケやかゆみも抑えられ、育毛にプラスとなります。頭皮の皮脂を取れば育毛に有利な気がしますが、洗浄力が強いと頭皮が乾燥したり、皮脂の分泌がかえって増えたりしがちです。このため、洗浄力も保湿のバランスが取れた育毛シャンプーが理想的だといえます。頭皮の皮脂汚れを取ることや保湿をすることの他には、血行を良くすることも育毛には重要です。頭皮の血行が良くなると、その下にある毛根は酸素や栄養を取り入れやすくなるため、育毛の効果が高まります。血行不良を自覚している人は、血行を良くする成分を含んだ育毛シャンプーを使うのも、1つの方法です。育毛シャンプーの効果や特徴を知り、自分に合ったものを選んで使い続けることが、育毛を促す近道だといえそうです。

薄毛対策

| 未分類 |

女性の中には、シャンプーやリンスの後にトリートメントを使うという人も多いようです。抜け毛や薄毛対策のため育毛シャンプーを使いつつ、従来通りトリートメントを使用しても良いか迷うという声をよく聞きます。結論の前に、まずはトリートメントの目的を確認しましょう。市販のトリートメントは髪の毛の保護や補修が主な目的となります。通常、髪の毛や毛先につけて洗い流しますが、市販のトリートメントを頭皮につけると、頭皮に負担がかかる恐れもあります。このため、育毛シャンプーとトリートメントを併用したい場合は、毛先だけにしたり、香りを楽しむようにします。あるいは、自分が使っている育毛シャンプーの姉妹品のトリートメントや、育毛目的のトリートメントを使えば更に安心です。育毛シャンプーと併用できるトリートメントは、髪の毛にも頭皮にも使用できる場合が多いようです。髪の毛と頭皮の状態を整えてくれるだけでなく、保湿や保護にも優れています。また、髪の毛につやを与えたり、ボリュームを出しつつもヘアースタイルをまとまりやすくしてくれる効果も期待できます。トリートメントをすると髪の毛や頭皮にうるおいが感じられますが、洗い流してもこのうるおいはきちんとキープされています。うるおいを失うことを恐れてすすぎが不十分だと、ふけやかゆみが出る場合もあるので、注意が必要です。成分にシリコンを含んでいなかったり、天然系の原料を使用しているものもあるので、成分を良く確かめてから選ぶのがおすすめです。

育毛シャンプーを使用している人の中にも、朝シャン派がいるかと思います。朝シャンプーすると爽やかな気分になり、すっきり目覚められるという声もよく聞きます。また、清潔な感じがすることから、育毛にも良さそうです。しかし、朝シャンにはいくつか注意点があります。その1つは、朝は慌ただしくなりがちなので、きちんとシャンプーするよう心掛けるということです。かなり早起きの人なら問題ありませんが、わずかな時間に慌ててシャンプーをすると、髪の毛や頭皮全体を洗わずに、手早く済ませがちになります。そうすると、汚れをしっかり落とすことができなかったり、洗い流しが不十分になる恐れもあります。せっかく育毛シャンプーを使っていてもその効果を発揮できないことにもなりかねないため、朝シャンする場合でもきちんとシャンプーすることが大切です。注意点の2つ目は、朝シャンだけで済ませずに、夜寝る前にもシャンプーをする、ということです。シャンプーをしないまま就寝すると、髪の毛の汚れや頭皮の皮脂汚れといったものを、丸一日溜めたままになってしまいます。成長ホルモンが分泌される夜10時から深夜2時は、髪の毛も成長しやすいといわれています。その時間帯に頭皮が汚れていると、髪の毛の成長の妨げと成りかねません。このため、就寝前に育毛シャンプーを使って髪の毛や頭皮をきれいにし、髪の毛の成長に備えることが重要となります。朝シャンしたい人は、就寝前もシャンプーをしておいたほうが良いといえます。

抜け毛の悩み

| 未分類 |

抜け毛で悩んでいる人は、何とかして今ある髪の毛を守りたい、抜け毛を抑えたいと考えていることと思います。そのためには、育毛にプラスになるもの、例えば育毛剤を試す人も多いようです。育毛剤はその名の通り育毛を促進してくれ、抜け毛や切れ毛といった髪の毛のトラブルを抑えてくれます。しかし、育毛の効果を高めるためには、育毛剤を使う前にしておいたほうが良いこともあります。それは、育毛シャンプーを使うことです。髪の毛の悩みを抱えている人は、頭皮に問題がある場合も多くなっています。まずは育毛シャンプーを使って頭皮の環境を整えることで、抜け毛を抑え、更なる育毛に取り組むことができます。多くの育毛シャンプーは、頭皮の汚れや毛穴の詰まりを解消することを重視しています。毛穴に皮脂が詰まっていると、毛穴がふさがれ、育毛に支障をきたします。その結果、抜け毛が増えたり、新たな髪の毛が生えにくくなりかねません。このような状態の時に育毛剤を使用しても、育毛剤の成分が頭皮に浸透しないため、なかなか効果が出ない恐れもあります。このため、まずは育毛シャンプーで頭皮を改善することが先決です。また、市販のシャンプーの中には、シリコンが配合されたものがあります。シリコンは髪の毛をなめらかにし、指通りを良くしてくれますが、毛穴をふさぐため、抜け毛を招いてしまいます。育毛シャンプーの中には、ノンシリコンのものも多いので、自分に合った育毛シャンプーを使えば、抜け毛を抑えることができます。

育毛を促す要素

| 未分類 |

育毛を促す要素は複数ありますが、その1つは頭皮の血行を良くすることです。血行が良くないと毛根は成長に必要な栄養を取り入れることができず、切れ毛の原因となったり、新たな髪の成長が阻まれたりしてしまいます。育毛シャンプーの中には、頭皮の血行を良好にする成分が含まれているものも多数あります。そのうちの1つ、塩化カルプロニウムは、頭皮の血管を拡張して血流を増やすことで、毛根に酸素や栄養を届きやすくします。その結果、育毛や発毛の効果が高まるといわれています。また、カミツレエキスは血行促進の他、保湿や殺菌などの効果があるようです。カミツレエキスはキク科のカミツレの花から抽出されている天然成分です。これらの成分が含まれた育毛シャンプーを使うのも良い方法です。頭皮の血行を良くするためには、頭皮の毛穴の汚れを落とすことも有効です。毛穴の汚れを放置しておくと、毛穴が詰まって汚れが落ちにくくなるだけではなく、血行が悪くなってしまいます。また、頭皮が硬くなり、血行に悪影響を及ぼしかねません。結果的に、育毛や発毛が促されなかったり、切れ毛の原因を招くことになります。このため、育毛シャンプーを使って毛穴の汚れを落とし、血行を改善するようにします。髪の毛はもちろん、毛穴の汚れを落とすことを意識してシャンプーをするようにします。汚れを落とそうとゴシゴシシャンプーをするのではなく、頭皮を傷つけないように優しく洗うと効果的です。

頭皮のニオイ

| 未分類 |

頭皮からニオイがすると、周りの視線が気になるだけでなく、自分でも気が滅入り悩みます。ニオイの原因の一つは頭皮の皮脂で、皮脂が必要以上に分泌されている恐れがあります。合成界面活性剤が含まれている市販のシャンプーの中には、洗浄力が強力なものがあります。そういったシャンプーを使い続けた場合、必要以上に皮脂を取ったり、頭皮が乾燥しがちになります。すると、皮脂を補おうと頭皮からかえって皮脂が異常に分泌されやすくなるため、ニオイがきつくなるという悪循環におちいります。また、頭皮の古い角質もニオイの原因となります。古い角質がはがれてフケとなり、そのフケと皮脂が混ざって酸化することでニオイが発生します。更に、そこから雑菌が繁殖すると、強いニオイの原因と成ってしまいます。頭皮の皮脂や古い角質の問題を解消してニオイを防ぐには、育毛シャンプーが有効です。育毛シャンプーは、髪の毛や頭皮の汚れをきちんと取りながらも、うるおいは残してくれます。このため、これまで皮脂が過剰に分泌されていた場合でも、頭皮の皮脂が抑えられていきます。頭皮の環境が整えば、ニオイが抑えられるだけでなく、フケやかゆみも抑えられます。また、頭皮の環境が整うことで、切れ毛や抜け毛も防げ、新しく髪の毛が生えたり成長しやすくなるので、結果的に育毛にもプラスとなります。育毛シャンプーの中には、特に皮脂を抑える成分やニオイを抑える成分を配合したものもあるので、自分に合った育毛シャンプーで洗う習慣をつけると良いといえます。